英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

probably, maybe... 可能性を表す単語と、rarely, seldom... 頻度を表す単語


maybeもprobablyも、日本語に訳すと「たぶん」となります。

「たぶん」と言いたいときに、馴染みのあるmaybeを使ってしまうことも多いのではないでしょうか?

でも実際にはパーセンテージの違いがあり、理解することで、その事実に対する自信を表すことができます。


単語 確率 日本語訳
probably 80~90% おそらく
likely 70% ~の可能性が高い
maybe 40~50% たぶん
perhaps 30~40% ひょっとしたら
possibly 20% もしかして
might 20%以下 かもしれない

日本語訳を付けるのが難しいです😥
パーセンテージを目安に理解していただくと、より分かりやすいかと思います!




続いても少しややこしい、頻度に関する単語のニュアンスの違いです。


単語 頻度 日本語訳
always 100% 必ず
almost always 90% ほぼ必ず
usually 80% 普通は
normally 80% 普通は
generally 80% 普通は
very often 70% 頻繁に
frequently 70% 頻繁に
often 60% しばしば
sometimes 50% ときどき
occasionally 40% たまに
seldom 30% あまりしない
rarely 10~20% ほとんどしない
almost never 10%以下 めったにしない
hardly ever 10%以下 めったにしない
never 0% 決してない

同じパーセンテージで表記しているものは、ネイティブにもうまく区別をつけられなかった単語です。

sometimesusuallyも頻繁に使える便利な単語ですが、それにプラスアルファでhardly ever等の咄嗟に出てこない単語を覚えておくことで、表現の幅が広がります。

ぜひ活用してくださいね!