英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

"Dirty"と"Filthy"の違いと使い分け【例文つき】


"Dirty"と"Filthy"どちらも「汚い」という意味をもちます。


どちらかというと、Dirtyの方が聞き馴染みがあるのではないでしょうか。


今回はこの2つの単語の違いについて解説します。




まず英英辞典の説明から。


Dirty

意味:きれいではない。


とても簡潔ですね。笑


続いてfilthyです。


Filthy

意味:とてもdirty。


つまり、Filthy > Dirtyということになります。


ネイティブに聞いてみたところ、

「意味は似ているけど、Filthyの方が汚れがひどい。少し油が手についたときはdirtyだけど、手がベトベトになるくらい油がこぼれたときはfilthyになる。」

とのことです。


少し汚れたときは、dirty。

とても汚れたときは、filthy。

使い分けはとても簡単ですね!


~例文~


The tap water is dirty.
(水道水が汚い。)


The toilet was absolutely filthy.
(その便器はとても汚かった。)


He is filthy with money.
(彼は大金持ちだ。)

filthy richもよく聞くフレーズです。
こちらも大金持ちのという意味です。


その他、「腐った」(dirty water / filthy water)や「卑猥な」(filthy pictures) という意味でも使われます。