英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

「邪魔をする」"disturb" "interrupt" "disrupt" "interfere" の使い分けと例文


全て「邪魔をする」という意味を持つ、"interrupt" "disturb" "disrupt" "interfere"の使い分けについて説明します。




interrupt

意味:(人の話を)さえぎる、邪魔をする


主に人の会話をさえぎってしまうときに使います。


~例文~


「先輩が上司と話してる…でもどうしても今確認しなきゃいけないことが……」そんなときに。

I'm sorry to interrupt you.
お取り込み中すみません。


Don't interrupt our conversation.
話に割り込んでくるなよ。


※実際にはこんな冷たいことは言われません(笑)
That's ok.と言ってくれます。



disturb

意味:かき乱す、妨害する


会話ではなく邪魔をするときに使われます。


~例文~


寝ているパパを、つんつんとつついている子供を見て、ママがひとこと。

Don't disturb him while he is sleeping.
寝ているパパの邪魔しないの!


そのあとその子供が大人しくなったときに。

The kid keeps quiet so that he won't disturb his daddy.
その子はパパを起こさないように静かにしている。



disrupt

意味:崩壊させる、混乱させる


disruptは進行中のものを一時的に中断させるときに使い、人に対しては使いません。


~例文~


He disrupted the meeting.
彼はそのミーティングを混乱させた。


Moving schools frequently can disrupt a child's education.
(ロングマン辞書より引用)



interfere

意味:干渉する、妨げる


interfereは、邪魔をする意味を持っているけれど、その行動が何かを中断させるかどうかまでは示しません。


~例文~


You shouldn't interfere in others' affairs.
他人のことに干渉しない方がいいよ。


Please don't interfere with my plan.
私の計画の邪魔しないで。