うさぎのだいちと暮らす。

9歳のホーランドロップとの、穏やかな毎日をつづっています(*´˘`*)

うさぎのブラッシング方法 ~換毛期編~

ずっとだらだら換毛が続いていましたが、最近ようやく本格的に換毛が始まりました。


だいちの頭の毛が抜けて額に三角マークができています。



今回は、私がいつもやっている、初心者でも簡単にできるうさぎのブラッシング方法をご紹介します♪




■用意するもの■
グルーミングスプレー(水でも可)
ラバーブラシ
豚毛ブラシ
・ゴミ箱
・コロコロ(粘着テープ)



1.グルーミングスプレーを体全体にスプレーする。


まず体全体にスプレーします。

顔周りは目に入らないよう、手のひらにプシュッとしてから、その濡れた手で頭を撫でて濡らしてあげると安心です。


途中でまたスプレーするので、びちょびちょに濡らす必要はありません。

毛が飛び散らない程度に湿らせてください。


私は膝の上に載せてブラッシングしていますが、抱っこが難しい場合は、撫で撫での延長でやってあげるとうまくいくと思います。

飼い主さんも寝転がってリラックスしてやると、嫌がりませんよ♪


体を触り、傷やフケがでているところはないかのチェックも。


グルーミングスプレーは、私はピュアサイエンスを使っています。



水でも代用できますが、ピュアサイエンスを使ったときの毛のふわふわ感は、1度使うと癖になりやめられません。


皮膚の健康を保つ効果もあるそうなので、一度ぜひお試しください!


2.ハンドグルーミングで抜け毛を取る。


スプレーし終わったら、両手で体を撫で回しながら体全体にグルーミングスプレーを馴染ませつつ、毛をとります。



ブラシを嫌がる子は、このハンドグルーミングだけでも充分効果がありますよ!


今回仰向け抱っこでのお腹のブラッシングはしないので、可能であれば、濡らした手でお腹を触ってあげるとお腹の毛も取ることができます。

(触られるのを嫌がるなら、しなくて大丈夫です😀)


手についた毛は両手をこすり合わせると、うまくまとまって捨てやすくなります。



3.ラバーブラシで優しく抜け毛を取る。


初心者には、スリッカーブラシよりもラバーブラシがおすすめ


ラバーブラシは嫌がる子も少なくなく、肌を傷つける危険性も低いためです。



私は手のひらにおさまる扱いやすいタイプのものを使っています。


強く押し当てず、優しく優しく毛並みにそってブラッシングします。



嫌がる場所はせず、気持ちよさそうにしてくれる場所だけできればOK!




4.両手にスプレーし、浮いた毛を取る。


両手にグルーミングスプレーを吹きかけて湿らし、体全体を撫でて、ブラシにくっつかなかった毛をとります。



手をしっかり湿らせることで、毛がふわふわ舞ってしまうのを防げます。



5.豚毛ブラシを使って毛を乾かす。


豚毛ブラシで毛並みに逆らうように、サッサッとブラッシングし、水分をとばします。



私が使っている豚毛ブラシはかなり前に買ったもので、もうあまり在庫がないようです。

気に入ってるのに…😥


一応リンクを貼っておきますね。


完全に毛が乾いたら、仕上げにうつります。



6.豚毛ブラシで毛並みにそってブラッシングし、仕上げる。


最後に、毛並みにそって優しくブラッシングし、整えます。


ピュアサイエンスとマッサージの効果で、毛がふわっふわになりました。


いつまでも触っていられるほど気持ちいい~♡


まだ毛は抜けると思いますが、換毛期にブラッシングで完全に抜け毛を無くすことは不可能なので、気にしなくて大丈夫です。




7.ご褒美をあげて終了。


終わったらご褒美を忘れずに♪


だいちはルーティンを分かっているので、仕上げのブラシが終わった瞬間、起き上がって「ご褒美ちょーだい!」と私によじ登ろうとしてきます(笑)


ブラッシングにかける時間は、だいたい10分程です。

だいちが眠ってしまったときや、あまりにも毛が抜けるときはもう少し長くなりますし、じっとできない日は5分くらいで終わらせたりもします。


慣れていない子は、最初は短時間のハンドグルーミングから始めて、徐々に慣らしていくのがいいですね。


ブラッシングの他にもマッサージや爪切り等もするのですが、その流れはまた次の機会に。



にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村