うさぎのだいちと暮らす。

9歳のホーランドロップとの、穏やかな毎日をつづっています(*´˘`*)

鈴を慣らして飼い主を呼ぶうさぎ



今までの写真でお気づきの方もいるかもしれませんが、だいちのケージの扉の横に鈴をつけています。



なんの為かというと、鳴くことができないだいちが私を呼べるように。という目的でつけました。


話しかけると「ぶうぶう」と返事をしてくれますが、近くにいないと聞こえない音なんですよね。


もうずっと前にとある方のブログで、

「構ってほしくてケージを噛み噛みする子は、鈴をつけて、それを鳴らすことで飼い主が来ると学習すれば、噛まなくなる」

と書いてあり、そのときは半信半疑でした。


だいちは頻繁にケージを噛むことはなかったので特に困ってはいなかったのですが、

「鈴鳴らしたら可愛いな~♡」

という私得のためだけに購入し、ちょっと教えると、すぐに鈴鳴らしをマスターしました!


試しに大好きなペレットをちらつかせてみます。


鈴がなかったら、ケージを噛んだりフード入れを振り回したりしてるかもしれませんが、だいちは鈴を鳴らします。





いつもはすぐにあげますが、今日はちょっと焦らしてみました。





少し立ち上がって、懸命に鳴らしています(笑)


面倒くさそうに鼻で一瞬つつくだけのときもあるのですが、今日はお手本といえるぐらい上手に鳴らしてくれました♪





だいちは、私が(だいちの)ご飯の準備をしているときや、撫でて欲しいときお水やご飯を入れ忘れているときなどに鈴で慣らしてアピールしてくれます。


ご飯を準備しているときに他の用事をしなきゃいけなくなって、ご飯や水を入れ忘れてしまうことがたまーにあるので、そういう時は教えてくれて本当に助かります。


うさぎってこんなに賢いんだよ!

ということを、うさぎと暮らしたことがない方にもっと知ってほしいですよね(*´∀`*)


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村