英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

【裏切る 騙す】cheat, deceive, betrayの違いは?例文と共に解説!


cheat deceive betrayを調べると、それぞれに「騙す」という訳が書かれていると思います。


それぞれのニュアンスの違いと、正しい使い分けを説明します!




Cheat


主に、ルールを破るという意味で使われます。

「騙す」というよりは、ずるをするという方がしっくりきますね。

日本語でいうカンニングも、英語ではcheatといいます。

また、浮気もcheatを使って表現できます。


ずるい!!
That's cheating!


彼はテストでカンニングをしました。
He cheated in the exam.


浮気しないでね。
Don't cheat on me.


彼は浮気性です。
He is a cheater.



Deceive


誰かに、何かを真実だと思い込ませるという意味です。

「騙す」という日本語には、一番近い意味です。


私を騙さないで。
Don't deceive me.


私を騙そうとしても無駄です。
It is no use trying to deceive me.


あなたを騙すつもりはなかった。
I didn't intent to deceive you.



Betray


信頼を裏切るという意味です。

友達の秘密をバラしてしまう行為もbetrayです。


友達は私を裏切った。
My friend betrayed me.


私は彼に裏切られた。
I was betrayed by him.


彼は彼女の信頼を裏切った。
He betrayed her trust.



これら3つの単語は似ているようで、実際は全く違います。


ニュアンスの違いが分かりにくいときは、英英辞典が力になってくれるので、ぜひ辞書も活用してみてくださいね!