うさぎのだいちと暮らす。

9歳のホーランドロップとの、穏やかな毎日をつづっています(*´˘`*)

【うさぎの膀胱ヘルニア闘病記⑤】術後の経過


■膀胱ヘルニア闘病記 記事一覧■
1.発覚~受診
2.悩む悩む悩む。
3.手術を決意
4.手術当日
5.術後の経過
6.術後の再診


無事に手術を終え帰宅しましたが、まだ安心はできません。


今回は、なかなか食欲が戻らない子も多いという術後の経過についてです。




手術直後の様子


キャリーを開けるとなぜか部屋んぽを始めたのですが、あまり動いてほしくなかったのですぐにケージに入ってもらいました。


手術後食欲はないだろうと買っておいた、りんごと野菜を小さく切っていれてあげると、ゆっくりですがモグモグと(´;ω;`)!


しばらくは何も食べないかもと思っていたので、ホッとしました。


その後も休みながらですが食べてくれ、あっという間にお皿が空になったのでその都度追加。


ペレットとチモシーも一応いれていたら、ペレットは少しだけ食べてくれました。


でも、ケージの隅に丸まって、痛みに耐えているよう(;_;)

違和感があるのか痛むのか、歩き方も少し変でした。


小さな体で、本当によく頑張ってくれました。


肝心のおしっこは、夜にちゃんと出ました!


きばることもなく、まとまった量が出て感動。


初日に"食べる出す"どっちも見届けられてよかったです。


ペレットよりも野菜の方が欲しそうだったので、寝る前に野菜をたくさん入れてあげ、手術の日を終えました。



手術翌日の様子


朝ケージに近づくと、撫でてーと鼻を出してきました。


前日にはしなかったことなので、「いつものだいちだ!」と嬉しく思ったのを覚えています。


野菜はもちろん、入れておいたペレットも完食。


チモシー(食べやすいよう3番刈)も、少し食べるようになりました。


獣医さんに運動させないようにとは言われなかったので、いつものようにケージから出すと、元気よく走り回っていました!


歩き方も普通になっています(*´˘`*)


そして、いつものように添い寝です。



食欲はまだ完全復活ではありませんが、獣医さんに

「とりあえず食べてくれるなら、後は日薬です」

と言われていたので、特に心配はしませんでした。


この日も野菜がメインの食事です。


ずっと悪かった私のお腹の調子も、この頃ようやく良くなりました(笑)



手術後2日目の様子


牧草を食べる量がまた増え、ご飯ちょーだい!のアピールもするようになりました。


この日も走り回り、牧草を食べる量以外は元通りです。


去勢したはずなのに、カクカクしようとしてきました😅

(※傷口にあたるので、もちろんさせていません)


傷を気にする様子も全くなく、2日前に手術したとは思えないほどです。


驚異的な回復力!


だいちが頑張ったからだけでなく、獣医さんの腕がよかったからだと思います。


本当に感謝です(´;ω;`)


このあとも順調に過ごしていたのですが、チモシーの茎を全く食べてくれません。


1週間以上経っても変わらず、うんちが手術前より小さめです。
(手術前は茎もイヤイヤ食べていた)


「傷口が完全に塞がる2週間後に来てください」

と言われていたので、チモシーの茎を食べないこと以外は元通りになっただいちと行ってきました。


続く。


www.english-rabbit.com