英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

外国人の友達がほしい!国内で外国人の友達を作る方法5選


英語を勉強している多くの人が、外国人の友達がほしいと思っているのではないでしょうか。


外国人は都会にはたくさんいますが、その方たちと友達になることはそう簡単ではないですよね。


そこで、日本で外国人の友達を見つける方法と、忘れがちな注意点を紹介します。



MENU


一番大切なこと


まずはじめに、外国人と友達になるためには、行動力とある程度の英語力が必須です。


そしてたとえ知り合えたとしても、その人と必ず友達になれるわけではありません。


外国人と知り合うことにばかりフォーカスしてしまい、その点を忘れがちです。


知り合ったその先は、日本人と友達になる過程と同じ


一緒にいて楽しい。落ち着く。安心できる。


そんな感情が生まれてはじめて、友達になることができます。


大事なのは、友達になりたいと思ってもらえる魅力をもつことです。


日本人相手でも、本当に気の合う人と出会えることはそう多くはないですよね。


よっぽど社交的な人でない限り、外国人と友達になることは簡単ではありません

後半にコツを書いているので、私のようにシャイな方は参考にしてください。



外国人の友達の探し方


たとえ難しくてもやっぱり外国人の友達がほしいと思ったら、とにかく行動しましょう!


自分の体験と、周りの友達が実際に友達を作ることができた方法を5つ紹介します。


1.外国人のいる職場で働く


簡単に実行に移せることではないですが、やはりこれが一番確実な方法です。


私は今インターナショナルスクールで働いているので、毎日たくさんの外国人と関わっています。


英語のネイティブスピーカーもいれば、第二言語で英語を話す人もいますし、「その国どこにあるの?」と失礼ながら思ってしまった国出身の方もいます。


言葉の通り本当にインターナショナルな場所で、いろんな発音や文化に触れることができます。


もちろん少し苦手だと思う方もいますが、ほとんどの人がとても明るく、優しく、親しくならない方が難しいくらいフレンドリーです。


仕事を変えることは容易ではないですが、もし転職できる状況であれば、英語を使える職場も候補に入れてみてください。


学生の方は、英語を使う機会のアルバイトをすることをオススメします。


英語を使えるアルバイトは、接客で外国人の観光客と接するというものが多いと思います。


観光客と友達になることは難しいですが、英語を話す機会を少しでも増やすことは、大いに友達作りの助けとなります


2.SNSを利用する


現代で一番手軽な方法が、SNSではないでしょうか。


共通の趣味で意気投合すれば、仲良くなれる可能性が大きく上がります


英語で会話をすれば、うまく伝わらないときや聞き取れないときが必ずあります。


そんなときでも、何か共通して好きなものがあれば会話は続き、「一緒に話していて楽しいな」という気持ちが、友達という関係につながります。


TwitterやInstagramで外国人と知り合った方もいますが、私はランゲージエクスチェンジのサイトで相手を探すことをオススメします。


評判が比較的いいサイトは、Lang-8italkiHelloTalkなど。


相手が日本語を勉強しているなら、日本の文化に興味があるので親しくなりやすいです。


相手が日本に住んでいれば、実際に会うこともできます。


注意点としては、相手の日本語力があなたの英語力よりも高いと、会話が日本語中心になってしまうことです。


日本語があまり話せない相手を探すか、日本語と英語どっちもで会話がしたいと言ってみるか、ネットにはたくさんの外国人がいるので、自分に合う相手はきっと見つかります。


ただ、全てのSNSに共通していることですが、相手は見ず知らずの人だということ。


個人情報などは教えず、実際に会うことになった場合は、できれば友達にもついてきてもらいましょう。


3.サークルに参加する


週末や平日の仕事終わりに、異文化交流をしているサークルがあることはご存知でしょうか?


いろいろなサークルがあり、

日本語と英語で話す練習をする。

ハイキングに行く。

ただカフェで一緒に過ごす。

BBQをする。

等、サークル概要を見て自分に合いそうなサークルを探すことができます。


私も登録していたMeetupというサイトがオススメです。


キーワードや場所を指定して検索ができるので、希望のものを探しやすい仕様になっています。


大きなサークルであればたくさんの外国人と一度に知り合えるので、気の合う人も見つけやすいですよね。


また、日本に住んでいる外国人なので、日本語のアクセントが強い英語でも理解してくれやすく、初心者の方にもオススメ


定期的に集まりがあり徐々に親しくなれますし、思っているようなサークルがなければ、自分で作ることもできます。


二人きりで会う訳ではないので、女性も安心です。



4.語学学校に通う


語学学校は、英語以外にもいろいろな言語を教えています。


中には、外国人向けに日本語を教えている学校もあるんです。


そこには、日本語がまだあまり話せない外国人が通っているため、語学をお互いに教え合えるパートナーが見つかるかもしれません。


英語と日本語どちらも教えている学校はそう多くはありませんが、英会話スクールに興味があれば、そういった学校も視野にいれて探してみるといいと思います。


5.外国人の集うお店に足を運ぶ


外国人バーは有名ですが、最近は昼間もオープンしているカフェもあります。


そういった場所にいる外国人と毎週末話して、英語力を維持している方がいました。


自分から話しかけるのは勇気がいりますが、わいわい楽しそうにしているグループは、向こうから声をかけてくれることもあるそうです。


ご飯を食べに行くという軽い気持ちで、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。




外国人と仲良くなるコツ


冒頭にも書いた通り、基本的には日本人と友達になる過程と同じなのですが、いくつか注意点やコツがあります。


これらを意識することで、少しは友達を作りやすくなると思います。


ある程度の英語力を身につける


言葉の壁などない!
と断言する方もいますが、私はそうは思いません。


私の周りを見る限り、英語力と外国人との距離の近さは比例しています


英語が流暢な人は外国人の友達が多いです。


ペラペラである必要はありませんが、最低限のスピーキング力とリスニング力に加え、冗談を少し言えると完璧です。


優しい人が多いので、英語が苦手でもちゃんと話は聞いてくれますが、言葉が通じなくても仲良くなりたいと思うほどの魅力に溢れた人でない限り、初級の英語力で縮められる距離には限界があります


英語を話す人と仲良くなりたいなら、まずそのツールとなる英語をうまく使いこなす必要があります。

関連記事



まだうまく話せないときに外国人の友達を探すメリットは、会話の練習になることに加え、「この人ともっと話したい!」というモチベーションに繋がることです。


「英語が初級レベルだから…」と諦めず、友達探しと英語の勉強を同時進行ですすめていきましょう。


相手を英語の先生にしない


英語を話したい、練習したい気持ちはとても分かります。


ですが、それが友達になりたい理由だと相手に伝わってしまうと、いい印象はもたれません。


実際、英語目当てで近づいてくる日本人がとても多いと外国人の方が言っていました。


それは、相手にとってはとても悲しいことです。


メリットが何も無い上、自分の母国語が英語だというだけで友達になろうと言われているのですから。


英語はあくまで話すツールであり、その外国人と楽しく会話をするためのものです。


相手が日本語を勉強していて、語学パートナーだとお互いが認識している場合を除き、英語を話す相手がほしいという言動は控えるべきです。


共通点がある人を探す


同じアーティストが好き。

お互い子供がいる。

マラソンが趣味。

何でもいいので、好きな物が同じ人を探しましょう。


これについてならいくらでも話せる!
くらい好きな物があればいいのですが、なければ歳が同じ人や、住んでいる場所が同じ人でもいいです。


日本人相手でもそうですが、共通点が全くない人と長く会話を続けることは簡単ではありません。


優しくない人とは縁を切る


幸運なことに、私が知り合った外国人は皆とても優しい人たちでした。


ですが、国内にいる外国人全てがそうというわけではありません。


英語をうまく話せないことをバカにしたり、スムーズに会話できないことにいらつく人もいるそうです。


そういう人とは迷わず縁を切りましょう。


傷ついた気持ちは、「もっとうまくなってやる!」というモチベーションに変えましょう!


第二言語なので、間違えるのは当然

勉強中だから、流暢じゃないのは当たり前


そう開き直ることも、自信を保つために大切なことです。


異文化を受け入れる


国が違えば習慣も違います。


日本での非常識が他国では常識だったり、その逆もあります。


よく言われるのは、海外の人ははっきりと物をいうというもの。


経験からいうと、どんなに性格がよくても"No!"と強く言う人もいますし、反対に日本人以上に低姿勢の人もいます。


結局はその人の個性であり、外国人が皆そういう性格というわけではなさそうです。


悪気はないと分かっていてもたまに傷つくことはありますが、そういうことを通して相手を知ることもできます。


相手が私たちの拙い英語に寛容であるように、私たちも寛容でありたいですね


まとめ


私は全く社交的ではないので、外国人の友達を作ることは簡単ではありませんでした。


でも今いろんな国籍の方といろんな話をしているおかげで、視野は広がり、心から英語を勉強していてよかったと思います。


大切なのは、行動する勇気をもつこと


この記事で書いた方法全てがどうしてもハードルが高いと思われた方は、日本人の英語学習友達を作って、その人と一緒に外国人のいる場所へ出かけてみるといいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。