うさぎのだいちと暮らす。

9歳のホーランドロップとの、穏やかな毎日をつづっています(*´˘`*)

【うさぎにおすすめのトイレ】ラビットフィットパンを詳しくレビュー♪


先日、新しいトイレ(ラビットフィットパン)を購入しました。

www.english-rabbit.com


数日使ってみた感想を、元々使用していたヒノキアの四角ラビレットと比較しながら書いていきます。

購入を検討中の方は参考にしてみてください♪





◎乗り降りしやすい


四角ラビレットは1面しかオープンではありませんが、フィットパンは2方向からトイレに乗ることができます。


手前の塀の部分が乗り降りのときに邪魔になるかな?と少し心配でしたが、問題ありませんでした。


よほど大きなうさぎさんでない限り、乗る時に塀にお尻があたってしまうということはないと思います。


だいちの場合は乗るところと牧草を食べるところ、2つ入り口があることが理想だったので、この形はベストでした。




◎くつろげるサイズ感


サイズは27.5×20×15cmと、ロップ系のうさぎにも充分な大きさです。


四角ラビレットは28×22.8×15cmなので、比較すると一回り小さく、重ねるとラビレットにフィットパンがすっぽり収まります。


(汚れたトイレの写真で申し訳ありません。汗)



◎高すぎないすのこ


すのこの高さは約4.5cmです。



下の半円の部分を内側に曲げるとすのこを低くできるので(正しい使い方ではありません)、高齢でトイレに乗るのが大変そうになったら低くしてあげる予定です。


すのこの高さは四角ラビレットの方があるで、うんちを山盛りする子にはラビレットの方がいいかもしれません。



◎しっかりと固定できる


四角ラビレットは後ろにある1つのフックをケージ網に引っ掛けてトイレが動かないようにする仕様ですが、フィットパンは2つ付いているネジで固定します。



トイレを咥えてガタガタと音を立ててしまう子には、フィットパンがおすすめです。


どちらかのネジ1つだけで充分固定できますし、ケージが縦網でも横網でも使えて、軽くネジを捻るだけで着脱可能です。

(ケージの網がマス目状のものは、その都度ネジを外す手間がかかります。)



◎掃除がしやすい


トイレ網も、角に指を入れて軽く持ち上げるだけで簡単にはずすことができます



写真の部分に指を入れないとはずれないので、うさぎさんが自分で網をはずしてしまう可能性は低いです。


四角ラビレットも構造は少し違いますが、飼い主ははずしやすく、うさぎさんははずしにくい設計になっています。


個人的にすごく気に入ったポイントは、網がどちらの向きでもはめられるところです。


四角ラビレットは同じ向きにしか装着できないので、だいちがいつもおしっこをするところだけが錆びてしまうのですが、フィットパンは向きを変えられるのでピンポイントで汚れてしまうのを防げます。



まとめ


四角ラビレットとラビットフィットパンはどちらもいいトイレなので、甲乙つけ難いです。


サイズ等はほとんど同じなので、ケージのレイアウトに合ったものを選ぶことをおすすめします😃