英会話マスターぶろぐ。

英会話学習歴約2年。インターナショナルスクールで働く私が、英語をメインに好きなことを書いています。

これだけ覚えておけばOK!接客英語のお決まりフレーズ集


観光地などに職場があれば、外国の方をよく見かけますよね。

特に接客業をされている方は、英語を話さなければいけない機会もあるかと思います。


英語が得意でなくても、接客英語はフレーズを覚えるだけで大丈夫

私が飲食店でアルバイトをしていた時も、ちょこちょこ外国の方が来られたので、お決まり接客フレーズを使っていました。


飲食店とアパレル、2つに分けて紹介します。




MENU

基本の接客英語
┗接客用語、会計
飲食店編
┗お出迎え~お見送りまで
アパレル編
┗来店~購入まで



まずは、全ての接客業で使える接客英語の紹介です。

  • かしこまりました。

Certainly.


発音をカタカナで書くと、「サーテンリィ」ですが、「テ」は強く発音しません。

冒頭にアクセントをおいて、「サーッンリィ」と発音します。


  • お待たせいたしました。

Thank you for waiting.


あまり「お待たせいたしました。」という風習はないそうなのですが、日本人はやはり言いたくなりますよね。


  • 確認いたします。

Let me check.


お店で直接聞かれた場合にはこのフレーズですが、電話で分からないことを聞かれた場合には、こう言うことができます。

  • 確認して、折り返しお電話します。

Let me confirm and call you back later.


英語が話せる人にバトンタッチもできますね。


  • 営業時間は9時から8時です。

We are open from 9:00am to 8:00pm.


  • お会計は税込5400円です。

That’s 5,400 yen including tax.


taxが税。includeが含むという意味です。


  • お支払いは現金とカードどちらでされますか?

Would you like to pay by cash or credit card?


  • こちらにサインをお願いします。

Sign here, please.


  • 当店は現金のみのお取り扱いです。

We only accept cash.


  • おつりです。

Here is your change.


  • スペルをお願いします。(領収書が必要なとき)

Could you spell that?


Thank you. Have a nice day!


最後は笑顔でお見送り!



飲食店編



お出迎え~席に着くまで


  • いらっしゃいませ

Hello!


英語に「いらっしゃいませ」の直訳語はないので、挨拶が適切です。

明らかに観光客だと分かるお客さんが来たときには、思い切って英語で挨拶をしてみましょう!

笑顔で返してくれるに違いありません。


  • ご予約はされていますか?

Do you have a reservation?


  • 何名様でしょうか?

How many people are in your party?


How many? だけでも通じます。


  • タバコはお吸いになりますか?

Would you like smoking or non-smoking?


余談ですが、タバコに「お」をつけておタバコと言うのは間違いだそうです。

カタカナ語に「お」をつけてはいけないとかなんとか…。


  • 只今、満席です。

We are full right now.


"full"を「フル」とはっきり発音してしまうと通じません。

前歯を下唇に載せて息を吐き、舌を上の前歯の裏側に当ててその息を止めるイメージです。

伝わらないからといって、「フル! フル!」と連呼すると更に通じません。(経験あり 笑)


  • 30分待ちです。

It’s going to be about 30 minutes wait.


going to は、短く gonna (ゴナ or ガナ)と、ネイティブは発音します。



Wait time is about 30 minutes.


はっきりとした待ち時間が分からないときは、時間の前にat least (少なくとも)をつけるといいです。

Wait time is at least 30 minutes.


  • 〇〇様、お席のご用意ができました。

Mr. 〇〇, your table is ready.


  • ご案内いたします。

Follow me, please.



簡単で、咄嗟にもでてきやすいフレーズですね。

pleaseを語尾に付けるのを忘れないでください。


  • こちらへどうぞ。

Right this way.


  • お席までご案内致します。

I will take you to the seat.


I will は 短く I'll でもOK。
「ウィル」とはっきり発音せず、「ウィL」(舌を歯茎裏にあてる)と発音します。


  • お好きな席へおかけください。

Please have a seat anywhere you like.



注文~料理の提供


  • 飲み物は何になさいますか?

Would you like something to drink?


長いと感じれば、" Something to drink?"でもOKです。


  • ご注文をお伺いしてもよろしいでしょうか?

Are you ready to order?


May I take your order?


  • こちら、お通しです。

This is a small appetizer that comes with your drink.


appetizer (アピタイザー)は、食事始めに食べるちょっとした料理のことを指します。

覚えやすく"This is an appetizer"でも通じます。
(a が an に変わります)

「頼んでません」と言われない為にも、お客さんにちゃんと伝えたい一言です。


  • お待たせいたしました。〇〇です。

Thank you for waiting. This is 〇〇.


  • どうぞ。

Here you are.


  • お皿をお下げします。

Let me take your plates.


  • ご注文はおそろいですか?

Will that be everything?



会計~お見送り


  • お会計はあちらでお願いします。

Please pay over there.


  • お料理の味はいかがでしたか?

How was everything?


会計のときに少し話す余裕があれば、ぜひ言ってほしいフレーズです。


  • お会計はご一緒ですか?

Would you like to pay together or separately?


割り勘の風習がない国もありますが、気になるなら会計前に聞いておいた方がいいですね。

支払いのやりとりは、冒頭に書いている通りです。





アパレル編


  • 何かお探しですか?

May I help you?


いらっしゃいませ。は"Hello!"が近しい言葉になるので、困っていそうなお客さんがいたときにこう声掛けしてあげましょう。


  • 何かありましたらお声かけください。

Please let me know if you need anything.


  • こちらは女性に人気の商品です。

This is popular among women in Japan.


womenをmenやgirlsに変えて使えます。


  • 他のお色もございます。

We have it in various colors.


  • ご試着されますか?

Would you like to try it on?


  • こちらで靴をお脱ぎください。

Please take off your shoes here.


  • Lサイズをお持ちしますね。

Let me bring you a L.


  • 小さいサイズがあるか確認してきますね。

Let me check if we have one size smaller.


  • よくお似合いですよ。

That really suits you.


  • プレゼント用ですか? ご自宅用ですか?

Will this be a gift or for yourself?



会計でのやりとりは、冒頭をご覧下さい。



簡単なフレーズだけでも覚えておけば、外国人のお客さんが来られたときにも自信をもって接客することができるので、ぜひ簡単なものから使ってみてくださいね!